【中級者向け】ベクターレイヤーは普通のレイヤーと違って、線を簡単に消すことができてとっても便利です。是非使ってみましょう!

スポンサーリンク

 ベクターレイヤーが何か7分でわかる動画

ベクターレイヤーについて説明します。
ベクターレイヤーは使うと便利なものです。最初は使わなくても大丈夫かもしれませんが、背景などには便利です。
ベクターレイヤーを作成するときは、新規レイヤー→レイヤー名→ベクターレイヤーを選択して下さい。

まずは、表現色:黒白でやってみます。ベクターのフォルダの絵は赤いものになります。
差別化するために、普通のラスターレイヤーも作成します。
ベクターのパレット色を赤にして、ラスターのパレット色を青にします。
ベクターとラスターそれぞれで描いてみます。
見た目はほぼ同じです。

ベクターは消しゴムを使うときに便利です。
消しゴムツールオプションにベクター消去が三種類あります。
交点消去を使うと、交点までのところを消去します。
ラスターで消しゴムツールを使うと、なぞったところだけが消えます。消しゴムツールオプションのベクター消去がグレー表示になっています。
ベクターの消しゴムツールでベクター消去→触れた部分だけ消去を使うと、触れた部分だけ消去できます。
線を消去を使うと、触れた線だけ消去できます。
ラスターは塗りつぶしができますが、ベクターはできません
ベクターもラスターもですが、線幅修正ツールオプションを使って、線を太くしたり細くしたりできます。
なぞった部分だけ太くしたり細くしたりできます。
線つまみツールオプションは、ベクターではできますが、ラスターではできません。

ベクターとラスターの一番の違いは、ベクターは線に情報が入っているということです。
拡大してみます。
ラスターは線がギザギザですが、ベクターは線がきれいなままです。拡大することがある背景を作成する場合は、ベクターの方が後々便利でしょう。
線の幅はフィルタ→線補正→線幅修正でも変更できます。
以上でベクターレイヤーの説明は終わりです。


スポンサーリンク


関連する記事