【初心者向け】 定規やパース定規も、コミスタの便利な機能です!

スポンサーリンク

動画

 

定規の説明をします。
定規レイヤーを作成→定規→特殊定規の作成→平行線定規を作成をクリックすると、ガイドが表示されます。
このガイドに沿って平行線を引くことができます。

ラスターレイヤーで線を引きます。
このときスナップと平行線スナップがオンになっていることを確認して下さい。
ベクターレイヤーでは、いらない線を消しゴムツールを使って線ごとに消すことができます。
角度を変えるには、定規レイヤーを選択した状態で定規選択ツールオプションを選択すれば、自由に角度を変えられます。
Shiftキーを押しながらですと、45度刻みで角度を設定できます。

集中線・フラッシュ

集中線の引き方について説明します。
定規レイヤーを作成→定規→特殊定規の作成→放射線定規を作成をクリック。
定規選択ツールで中心を設定→ペンツールで線を引きます。
放射線定規スナップとスナップがオンになっている事を確認して下さい。

入り・抜きをいれたほうが、綺麗に描けます。
抜きをいれるときは、ペンツールオプションの入りのチェックを外した方がいいでしょう。
入りをいれるときは、抜きのチェックを外した方がいいでしょう。
入りで描いていくのをおすすめします。接地がどのくらいかや間隔がわかりやすいです。
線の入り・抜きの設定は、だいたいサイズに対して10倍に設定するときれいになります。
数値が少なすぎると、ごってりした印象の線になってしまいます。
線の太さはお好みで設定してみてください。

パース定規

パース定規の説明をします。
定規レイヤー→定規→特殊定規の作成→パース定規(1点透視)を作成をクリック。
定規選択ツールを使い、線を動かします。
ページを変えてあたりをとってみます。
下書きレイヤーから描きます。
パース定規を作成します。
中心線を移動させてもいいですが、赤い丸と×を動かすことで線を移動させることができます。
遠いところにも消失点を設定できます。

パース定規や定規を使うときは、あたりが決まったら、ロックをかけておいたほうがいいでしょう。
ショートカットで場所がずれることがあるのですが、ロックをかけておけばその心配はありません。
下書きを薄くして描いていきましょう。
ベクターレイヤーのほうが便利なのでベクターで描きます。
はみ出るのは気にせずに、どんどん描きます。

まず四角ができます。はみ出たところは消しゴムツールで消していきます。
四角の中に線を入れたくない場合、クイックマスクなどで選択してからやると楽です。
土台の部分だけに線を引いていきます。

矩形ツール、楕円ツール、多角形ツールを使って、パースにあわせて図形を簡単に描くことができます。
四角形の側面にあわせて楕円を描くことも可能です。
スナップがオンになっているときは、パースに沿った図形しか描けませんが、オフにすればフリーハンドで描くことができます。
直線ツール、曲線ツールも同様です。
1点透視は以上です。

2点透視

次は2点透視の説明をします。
定規レイヤー→定規→特殊定規の作成→パース定規(2点透視)をクリック。
定規選択ツールを使って線を動かします。
パースが固定できたら、ベクターレイヤーを作成し線を描いていきます。
スナップをオンにして線を描きます。
関係ない線を消していきます。
図形をパースにあわせることができます。
飛び出すものを作成したいときに便利です。
ラスターレイヤーの場合なら、図形を塗りつぶすことができます。
以上で2点透視の説明は終わりです。

水平線を斜めにしたいときは、パース線上の×のところで右クリック→アイレベルを水平に固定のチェックを外すと、自由に動かせます。
背景を描くときによくある、細かい線を描く場合は、レイヤーを2枚使うと、楽にできます。
ベクターレイヤーを2枚作成します。
片方をカラーにするといいでしょう。
定規のアクションを設定しておくと、ワンクリックで定規を作成できます。
線がたくさん必要な柵などを描くときは、別レイヤーにするといいでしょう。
重なった線を消すのが楽になります。
下のレイヤーを薄くするという手段もあります。
以上で定規の説明を終わります。

 


スポンサーリンク


関連する記事