環境設定をいい感じにすると、作業がグンと楽になります。

スポンサーリンク

動画

ファイル→環境設定→作品→起動時の動作→お好きな設定にして下さい。
ページサムネイルもお好きな設定にして下さい。
オプションはデフォルトで「ページ切り替え時に自動的にデータを保存する」にチェックが入っています。一人で作業するときはチェックが入ったまま、複数人で作業をするときはチェックを外した方がいいでしょう。
ページ→「表示」の設定を変えた方がいいでしょう。
「透明部分を市松模様で表示する」のチェックを外して下さい。
「透明部分の表示色」を白が見えやすい色に設定して下さい。黒に近い色に設定すると、黒が見えにくくなるので、紫がおすすめです。

 

「取り消し」の「取り消し回数」は最大の50に設定した方がいいでしょう。 カーソル→「指定するツール」でペン、「カーソルの選択」でドットを選択しておくと、書くときに邪魔になりません。

 

「指定するツール」の消しゴム・パターンブラシ・マジックは「カーソルの選択」をブラシサイズにするといいでしょう。
「指定するツール」のその他のツールは、お好きな設定にして下さい。
倍率・角度→「表示倍率」は少なめにするといいでしょう。

 

定規→「表示」「キー入力」はお好みで設定して下さい。「スナップ」の「消しゴムもスナップする」のチェックは外したほうがいいでしょう。 枠線・コマはお好きな設定にして下さい。後からでも変更できます。

レイヤー→「サムネイルサイズ」は、まだ慣れていないときは大きめの表示でもいいでしょう。その他の設定はお好きな設定にして下さい。 ツール→カラーで使用するときは、「ツールの動作」の「1Bit・2Bitのラスターレイヤーにディザリングで描画する」のチェックを外したほうがいいでしょう。モノクロで使用するときは特に関係ありません。

 

印刷・出力・スキャン、メモリ、タブレット・デバイス、フォルダパス、オプションは基本的にそのままでいいでしょう。
設定が全て完了したら、書き出しをクリックし保存しておくと、パソコンを買い替えても同じ設定を読み込んで使う事が出来ます。

以上で環境設定は終わりです。


スポンサーリンク


関連する記事