漫画背景資料として探しても、全く検索で出てこないのでずっと勿体無い!と思っていた本です…!

家の間取り、家具、人物と建物のスケール、扉やホテルロビー等の店舗が線画で掲載されています。
洋風・中華風の漫画の背景を描きたいなら、この資料があればもう他は無くても大丈夫なんじゃ!?と思う充実ぶり。

背景で必要なもののカタログみたいな感じです。
扉や部屋のデザインに悩む時間が無くなります!

スポンサーリンク

レビュー動画

図解ですべてわかる 世界の装飾デザイン見本帳」は、Amazonで「世界の建築」と検索しても見つからな­いので本当に勿体無いです。

動画でも語ってますが、漫画背景にオススメな良本なのです…。

始めの方に、歴史的な建築物の内装や家具が掲載されています。

BqBUlk6CEAApwsY BqBUl3ICEAAAcUU BqBUk_JCYAA176_
中国の本を翻訳した物らしく、中華系の建築モノもちらほらあります。(逆に和室はないです)

この本のオススメポイント

  • 写真より線が整理されている
  • そのまま漫画の線の参考になる
  • 1つの家具やパーツの、複数のパターンが掲載されているので、イメージに合う資料が見つかりやすい

BqBVlrWCcAEJXoq BqBVnEeCAAAFC2c BqBVmy5CEAA5abZ BqBVnV4CIAAceH9

この本を紹介したいきさつ

2014年6月13日の時点で、Amazonの、「この商品を見た後に買っているのは?」で出ている本3冊とも、私が購入した本でした。

BqBcZKsCMAIGeys
これ見るたびに、「他の誰も買ってないの!?」って思ってしまって…今回、漫画描きの方が購入してくださることによって、「漫画背景の資料」を探している方に向けて、Amazonで表示されやすくなる筈と期待しています。

こういう、辞書的な価値がある本は、ずっと売れ続けて欲しいので…!
2013年7月発売なので、まだ新しめな本ですね。出版社さんは漫画系で売りだしてもいいと思うんですよね…

その後の展開

6月に紹介してから、色々なところでこの本がいい!と広まったようで、
2014年7月11日には、Amazonの「東洋の建築」カテゴリでのベストセラー1位に!
一時期、Amazonのほしい物リスト2位にもランクインしていました。

出版社さんとは全く、何の繋がりもないのですが・・・我が事のように嬉しいです!

購入した方の反応

 

マンガでよく描くものが沢山あって助かります!

  3Dで室内作る方にも、寸法が載っているので便利かもしれないです。

値段は普通の本では見ないような金額ですね…。

確かに重いです。片手では持てないですね。

 


スポンサーリンク


関連する記事